弁護士

手続きの流れ

笑顔のお年寄り

いざ相続をするとなれば何をしていいかわからないものですよね。大抵は金額もそれなりにあるため、何処から手を付けていいか検討もつかないことはよくあることです。また相続をするということは身内で不幸なことが起きた後です。中々気持ち的にも暗く、積極的に相続手続きに踏み切れないということもありますが、相続手続きをするためには期間が決まっていて、この期間を過ぎると別の方へ権利が移ることもあります。例えば両親が無くなって資産を相続する対象になったのに、期間が過ぎ別の方に権利が移ったというのは悲しいことです。一旦別の方に権利が移ると自由に資産を処分したり、保管したりすることも出来ません。まずは相続が決まったら適切な流れで手続きを行うことが大切です。手続きを行なう事で相続税に関することや、資産価値などを知ることも出来ます。手続きをする際は1人では不安でしょう。こういう場合は司法書士事務所に出向き、じっくりと相談してみましょう。相続税を計算してくれ、いつまでに相続税を支払う必要があるのか明確にしてくれます。また中には必ずしも正の遺産ばかりではなく、負の遺産を抱えることもあります。こういう場合は相続を拒否することもでき、この拒否をする際もしっかりと考える必要があります。司法書士は税金の専門家です。負の遺産があっても別の遺産でクリーンにすることが出来る場合もあれば、全くメリットがなく、相続放棄をした方がいいと教えてくれる場合もあります。司法書士事務所を利用する時はまずは初回相談を活用することが大事です。初回相談を活用するメリットは無料だからです。大阪を始め様々な地域で無料相談を実施していて、定期的に市で相談会が開催されることもあります。大阪に住んでいるのであれば大阪府の相談会に訪れて出来るだけ早めに相続の有無を決めておくといいでしょう。